「ミュージシャンずパート24」



原 正行 (はら まさゆき)


いわずと知れた関内「ハート&ソウル」の社長であり
素晴らしいボーカリスト・ギタリスト

非常にキーが高く、六本木でいうと保福さん・伊藤さん
同じ位、高い声を出すおヒトである。

俺より2つ下だが、人間的には10才以上上だと思われる。(笑)

彼の店の従業員の素晴らしさはかつて経験が無い程だ。
従業員にとっては非常に怖い存在だろうな・・・

しかしお客にとっては、そのレパの尋常ない広さ
あくまで低いその物腰、俺には真似出来ない事ばかり。

ハート&ソウルに出させて頂く様になってまだ3〜4年
まだまだ底の知れない人なんだろうなぁ。

   
Paula Shaw (ポーラ・ショウ 芸名Diamond)


銀座「NBクラブ」で知り合った素晴らしいボーカリスト。

前述の原さんの逆で非常にキーが低く、太い声を出す。
まるでToniBraxtonのようだ!

日本にベーシストの旦那さん、娘さんと来ている。
日本語はまだ上手くないが、何とか伝えようとする
その姿勢は非常に好感が持てる。
そうじゃない黒人一杯いるもんね!(笑)

彼女の歌には物凄く癒される・・・・
前述のミンツィーは激しい性格ながら癒してくれるが
彼女のは優しい性格からくる感じだ。

モー娘の「LoveTrain」を英語に直して歌っている。
こんな黒人初めてだよ!


   
中村博英 (なかむら ひろひで)


六本木「BE」、今は無き「ViperClub」で活躍した。

アイドルのバックなぞやっていた様である。

前に前にというギタリストではない。
イライラする位(笑)じっとしている。

しかし・・・・彼のギターはスゴイ!!
本気だ!(笑)

パフォーマンスで満足させるギタリストと
音で満足させるギタリストがいるが、完全後者のタイプだ。
勿論両方出来たら最高だけどさ・・・・

今後の中村くんに期待します・・・・
<<PREV      >>TOPに戻る    地味だっていいじゃない