「ミュージシャンずパート4」


Franky Legree(フランキー・レグリー通称パラダイス)

3年ほど前に知り合い、何かあると頼んでしまう
素晴らしい ボーカリストだ。

「ハート」何たるかを教えてくれる人格者でもある。

EW&Fフィリップ・べイリーと同級生で
従兄弟がクール&ギャング のメンバーらしい。

若い黒人は彼をザ・マンと呼ぶ。これは最大級の賛辞だ。
JBからスティービーまで歌いこなしてしまう
唄の上手さも格別だが 何より彼は
客を楽しませる事を最優先している
真のエンターティナーだ。

HASH!のメンバーも彼のバックを
やらせて貰ったお陰でどれだけ多くの
事を学んだか計り知れないくらいである。

(こういう先輩が欲しかったな、日本人で・・・)
   
Andrea Hopkins (アンドレア・ホプキンス)

上記のフランキーと同じくルイ・ヴィトン
仕事の時に 知り合ったボーカリストである。
数々の録音、平井堅・ダブル 等の
バッキングもしている。

美しい容姿と極上の声を持っている上、
素晴らしいハートの 持ち主だ。

最初から弾けるタイプではなく
ディープな味わいを持つ、 なんか日本人に近い
感性の持ち主だと勝手に決めつけている。

彼女と演る事で学んだ事も多く、自分に
自信をつけてくれた 一人でもある。

今やさる金持ち玉の輿に乗ってるらしく、
その事が彼女に とってマイナスにならぬ様
祈るばかりのである。
(大きなお世話だっつーの・・・)
   
フランツ・フリーデル

いわずと知れたロカビリー時代
落とし子である。要は平尾さん
ミッキーさん山下さんの世代、
GSのちょい先輩にあたる。

バックを演ってもう10年くらいたつだろうか?
宇崎さん、力也さん、ジョーさん、
高橋麻梨子さんなどがステージに 上がって
直立不動で挨拶するのに驚いた。
(このシト、偉いんだぁ!)
内田裕也さんも呼び捨てだもんな・・・・怖い

ドイツとのハーフで16才でデビューだって!
すごい美少年だったらしい。
「電話でキッス」日本語カバー
このヒトである。
フランツさん、オイラが死に水取りまっせ!
(・・・縁起でもないっつーの)
<<PREV      >>NEXT 色んなヒトが・・・・いるなぁ・・・・