「ミュージシャンずパート8」


ミック西川 (みっく にしかわ)

これまた絶対に本名で呼ばれない一人。
その証拠に私が 正確な名前を
把握していない。
ちゃんと聞いてから書こう。

上記のちゅうさんの盟友である。若い頃から一緒に
バンド 稼業を共にしてきたらしい。
こんなピュアなヒトはそう居ない。
いらいらする位(?)ピュアで ある。

唄は素晴らしく上手い。
風貌では豪快な感じだが
唄は繊細だ。 丁寧に歌への敬意を込めて
熱唱する姿は感動的だ。

三橋美智也がアイドルだったらしく一度聴いたが
舌を巻く位(古い表現? 上手かった。
ミック・ちゅう・土師でハモると超気持ちいい。
(また演りたいな・・・・)

   
小山 実 (こやま みのる)

本名じゃみんな分からない。
「ノビタ」が通り名である。
何故かって?
ご覧の通りだからである。

グッチさんのバンドで活躍中
「ハチポチステーション」なんかも
彼が作っている。

中川三男(前述)と共に
大阪から出てきたらしい。
小田和正系
すごい良い声を持っている。
たまげるよ!

出会った時、私のマブだち
知り合いだった事が分かり、
これまた 狭い〜とビックリしたことがある。
(恵理の2番目のパパでもある・・)

   
平嶋秀信 (ひらしま ひでのぶ)

HASH!でも一時
助っ人に来てくれていた
ナイスガイ(これまた古い表現!)である。

鈴木雄大なんかと
バンドをやってるらしい。
アフリカン・バンドを黒人達とやっていたとも。
自然児の匂いプンプンの熱い野郎である。

一昨年リッキーの主催で
聾唖者のドラマーと共演という ライブがあった際、
ヒデちゃんが指導にあたった。
なんせ相手は聞こえないのに
振動だけを頼りに叩くのだ。
本番もヒデちゃんは指揮者の如く
そのドラマーの横で 励まし汗だくになって
奮闘していた。

(素晴らしい男だ・・・・)
<<PREV       >>NEXT      いよっ! お疲れさん!