「お懐かしや写真館パート1」  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  17 18
 
19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33
34  35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47  
48  49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59                     
                            

今から6年ほど前のことじゃった・・・
六本木村の「巣狼坊人」という茶屋に
ひとりの女の子が入ってきたそうな。
名前は「もも」とかいってな、
顔の黒い異人さんの様な髪型・・・
・・・そうそう「土例土」とかいう
変な頭をしておったな・・・
なんでも「津軽」からはるばる来たそうじゃて。
色白のな、ほっぺが赤くなると
まるで「リンゴ」の様じゃったな・・・
それがアンタ、唄を歌うとな
人が変わった様でな、何か取り憑いたような
すごいをだすんじゃよ。
「美慰謝」とかいう歌手の唄を歌う時なんぞな、
あまりの甲高さに「すずめ」が失神して
落ちたそうじゃ・・・・

   

ハイッ! という事でございまして
「もも」ちゃんでございます。

「ピジョンズ・ミルク」というユニットで
メジャー展開中です。
快く本HPへの写真の掲載を
許可して いただきました。
ええ子や・・まだ24才や・・・

リンク集にHPアドレス載ってますので
皆様、一度遊びに行ってあげてチョーダイ!
もも、頑張ってな!

今度一緒に昔のヴィデオ見よう!
えっ!イヤッ??

   

私のガキの頃でございます。

は私を産んだ頃の面影を失くしつつ
あるのが顕著であります。

家には常時5〜6匹の猫ども
生息しておりました。
冬場は猫が3匹ほど布団の中に
もぐり込んで来て
あまりの暑さに「プハァ〜〜!」
飛び起き、猫どもを追い出すのが
でございました・・・

「ホワッツ・マイケル」の世界ですな。
(懐かしい・・・)

   
<<TOPに戻る      >>NEXT     ねこのコーラス