『お懐かしや写真館パート13』


昭和30年代の保育園の風景

何か歴史を感じる。43〜44年前である。
女の子はみんな「ちびまる子」ちゃんヘアーだ。
男の子はを垂らしていた。
後ろの父兄に私の親は居ないが
今見るとなのか祖父なのか
先生なのか判断に苦しむ。
大人の男の顔を全員がしている。
今は子供でいたいヒトばかりの様な気がする。
別にどっちでも良いが、私は早く大人に
なりたかった方だ。
何も疑いの無い笑顔をみんなしてる。

いい写真だ・・・
   
何処で撮ったか分からない

オヤジの唯一の趣味がカメラだった。
それなりに上手いんじゃないかと思う。

今私もデジカメでお馬鹿写真
撮るのが楽しみのひとつになっている。
は争えないってやつだなぁ・・・

母はこの時、多分23〜24才位だ。
しかし大人の女の顔である。

私はあまり「可愛い」「幼い」「メルヘン」
といったタイプの女性に興味が無い。

キム・ベイシンガーやゼタ・ジョーンズや
二コール・キッドマン系の大人の女
惹かれてしまうのだ。

だから何だ?って・・・チャンチャン!!
   
今もこういう顔を良くしているらしい。

全く進歩が見られないである。
釣り糸を垂れていると
強力に眠くなる時が訪れる。
その一瞬をオヤジは撮ったのだろう。
やっぱり後ろの女の子
「まる子」または「ワカメちゃん」ヘアーだ。
みんなよく文句
言わなかったもんだ!

今うちの娘は「ガッキー」という
美少女モデルの髪型
真似ている。
少女向けのファッション雑誌も買って
よく観ている。
これだから今の子
どんどん お洒落になっていくんだなぁ・・・
足も親より長いしなぁ、トホホだよ。

こんな平和はほんの数ヶ国なのが悲しい・・・
 <<PREV      >>NEXT      今の子はオシャレね