『お懐かしや写真館パート15』


2003年横浜アリーナ・サウンドホール
一体何処の国の楽屋なんだぁ〜〜!
って感じの写真である。
左から 敬愛・パラダイス・山内洋子
こういう風に見ると黒人さん逹
カッコ良さがよ〜く分かる!
こんな熟れきった(?)お姉さま方を
二人抱えて余裕ブッコいてる様に(?)
見えるじゃないの!!

しかし敬愛と洋子の「おんな」の魅せ方は
徹底していて気持ちが良い!
「アンタたちオスが欲しいのこれでしょ?」
と言わんばかりに挑発してくる。
この日も「お色直し」は3回!
「眼」でも楽しませてくれた・・・
しかし歌うと物凄い集中感が伝わってくる。
ホントに彼女らはプロだと思う。

オイラも勉強になったな、しかし・・・・

     

   
2004年4月23日関内CapeCODにて

吉田英樹(vo)清水淳(Dr)渡部禎士(Bs)
リッキー(Gt)そして私で「ソウル・ディスコ・ナイト」
の仕事をした。
横須賀Angeloに居た「服部」くんが店長を
務める「CapeCOD」というアメリカン・テイスト
一杯のお店で行った。
40〜50人のお客さん大喜びのパーティとなった。
KC&サンシャイン・EW&F・スティービー・
サム&デイブ・テンプス・Wピケット・
ワイルドチェリーなど往年のディスコナンバー
炸裂!!って感じで願わくば店が2倍くらい
広さで100人くらいのお客さんに踊って
欲しかったナ。
またこのメンバーで色んな所でやる予定。
  見逃した方は今度こそ来てね!!

   
98年頃のクロコダイルか・・・

左からシズカ・私・まゆみ
まゆみも六本木「スローボート」
歌っていたボーカルの一人である。
この時は21〜22才かなぁ?
顔に似合わない声で(いつもはマンガみたいな
声なのに・・・)それもフテブテシイ(?)くらいの
大きい「唄」を歌うのだ!!
不思議な感じだ・・・・
ギャップがいつの間にか快感に変わるって
タイプの子かも知れない。
マニアには堪んないだろうなぁ、って
いつものフレーズが浮かぶ子である。
どうしてるんだろ??

<<PREV      >>NEXT       不思議だ・・・