『お懐かしや写真館パート7』


2003年7.12 横浜アリーナ・サウンドホールにて

豪華メンバーによるイベントが行われた。
ボーカルにパラダイス山内洋子敬愛
ベース中川三男、ドラムス清水淳
ギターリッキー、キーボード私という
ラインアップだ。
3人の火花を散らす様なボーカル・フェイク
うねる様なリズム・セクション
お客が「日本じゃないみたい〜!!」
と言ってたのも 当然である。
こういう最高のメンバーと演ると
何かが 降りてくる・・・・
観客総立ち・熱狂のまま幕を閉じた。
また演りてぇ〜〜〜!!
   
さてステージを降りるとこんな感じである。
お笑い芸人集団にしか見えないって?

同じ構図のままふざけた写真ばかり撮って
これが一番まともだった・・・
パラダイスを中央にしようとしたら
キョウのボスはハシサンで〜す」と言って
私が真ん中になった。
「トテモキョウシュクデ〜ス!」って感じだ。

私の見る限り、いいミュージシャン
普段の顔がボーーッとしている。
何故なんだろう?
いつも「俺ミュージシャン!」って
ポーズ決めてるのに限って
たいした事ないのだ。
   
パラダイスは前の日に
日本に 帰ってきたばかりで時差ボケ
山内は1時間以上 遅刻(!)といった状態で
殆どこのメンバーでの
初めての曲ばかりだったにも
関わらず「決めて」くれたのにはメンバー
力量のスゴさを改めて実感せざるを得ない
これがプロなのだ。
我々が思っている以上に自分たちは
いつのまにかプロになってしまったのである。
ステージ外はみなお馬鹿ちゃんである。が、
本番に力を集約し集中し
かつお客をリラックスさせ、
熱狂させる事が出来る、
これがホントのプロだ・・・・

良かった・・・こいつらで・・・ チャンチャン!!
<<PREV     >>NEXT       あっ、ヨカッタ、ヨカッタ。